【キミスイネタバレ感想】浜辺美波と北村匠海がホテルでお泊りする泣ける恋愛映画『君の膵臓をたべたい』

君の膵臓をたべたい邦画
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

『君の膵臓をたべたい』という映画タイトルのインパクトが強くて気になって覚えていたので、日曜プライムだったかテレビでやっていたのを録画していたのですが、キミスイのポスターは見たことがあって高校生の男女が写っていたのできっとベタな10代の恋愛映画なのだろうと高を括りずっと見るのを後回しにしていました。映画を観て驚きましたがまさかこんなにも泣ける恋愛映画だとは思いませんでした。公開から1年で観ず嫌いが発覚して良かったです。

スポンサーリンク

君の膵臓をたべたい

キミスイ映画『君の膵臓をたべたい』は通称『キミスイ』の愛称でファンに親しまれており、原作は「住野よる」が小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿し書籍化に至った小説で、ヒロインでクラスのマドンナ的存在の山内桜良(やまうち さくら)をテレビドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でめんま役を演じ話題になった浜辺美波(はまべ みなみ)が演じ、読書好きで誰とも関わらないことで自分の領域を守って生きる志賀春樹(しが はるき)をダンスロックバンド・DISH//のリーダー北村匠海(きたむら たくみ)が演じた。
浜辺美波-北村匠海ダブル主演だった本作で二人揃って第41回日本アカデミー賞 新人俳優賞、第42回報知映画賞 新人賞を受賞している。主題歌はMr.Childrenの「himawari」で、ボーカルの桜井和寿が主題歌のオファーを受けてから書き下ろした新曲となり、桜井は「この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ、それらを包み込みながらも更に拡がりを持って押し出していけるそんな音を探して探してやっとのこと辿り着いた曲は自分の想像を超えまた新しい力を与えてくれるものでした」と語っていた。

君の膵臓をたべたい あらすじ

盲腸の手術をした高校生の志賀春樹(しが はるき)は病院のロビーで表紙に共病文庫と書かれた文庫本を拾いパラパラとめくって読んでいると、「私はあと数年で死んじゃう」というショッキングな内容が書かれていた。「それ私の」という言葉に振り向くと、クラスメイトで人気者の山内桜良(やまうち さくら)が立っていた。膵臓の検査で来院していた桜良だが、病気のことは家族以外には秘密にしており、もうすぐ死んでしまうという秘密がバレてしまったのに桜良は笑っていた。
キミスイ共病文庫秘密を知ってしまった春樹は半ば強引に桜良の死ぬまでにやりたいことの手助けをすることになった。この連休に遠出したいという桜良の望みを叶えようと行き先を知らないままついて行ったら、博多へのお泊り旅行で二人は同じ部屋に泊まることになった。二人きりの夜ホテルでやった真実か挑戦ゲームで急速に二人の仲が深まっていくのだった。

「君の膵臓をたべたい」予告

君の膵臓をたべたい ネタバレ感想

『君の膵臓をたべたい』は観て良かったと心から思える映画で、鑑賞することを男女問わず年齢問わず強くおすすめできます。邦画好きとしては観なきゃ人生半分損するとこでした。キミスイの評価は満点の星10です。

映画キミスイのキーアイテム星の王子さま

肝心なことは目に見えない。この一節はさよならをして悲しませるくらいなら仲良くならない方がよかったと嘆く星の王子さまにキツネが説いた言葉ですと、現在の志賀春樹(小栗旬)が国語の授業で星の王子さまを題材に教えているシーンからこの物語はスタートしますが、これは初回鑑賞時には気づけませんでした。
キミスイ星の王子さま冒頭から星の王子さまだったとは恐れ入りました。内容も桜良と春樹の関係を象徴しているかのような内容で、辛い別れだったけど春樹には目には見えない大切なものが残っているんですよね。そして「かんじん」とは「肝心」もしくは「肝腎」と書き、「肝心」は肝臓と心臓、「肝腎」は肝臓と腎臓で、極めて重要な部位だからこの字になってるんですよねの箇所も膵臓と繋がりがあってドキっとしました。

キミスイは驚きから始まる

キミスイを観て一番驚いたのは、小栗旬さんに気づけなかったことです。外国人の顔は一緒に見えて気づかないことなんてしょっちゅうですけど、小栗旬さんに気づけなかったのはショックですね。老化でしょうか。AKBの子の顔とか全員一緒に見えますからね。
キミスイ小栗旬小栗旬さんは地毛ですか?髪の毛が小栗さんぽくないというか違和感があったんですよね。あの髪型だと街ですれ違っても気付く自信ないです。そしてヒロインの女の子、山内桜良役の浜辺美波さんのことを中盤まで志田未来さんだと思っていました。お恥ずかしい限りです。でも似てませんか?
浜辺美波-志田未来

キミスイは右肩上がりの面白さ

最高評価の本作ですが、冒頭は特に興味を惹かれるものではなかったです。引き出しの中に退職願があるとかベタだなと思いました。でもあれよあれよと爽やかな青春世界に引きずり込まれました。特に好印象だったのは北村匠海さんの演技です。
キミスイ北村匠海あの素朴感がハマり役で彼の声と視線と表情にやられました。本好きで寡黙でおっとりしてて、でもたまに目が合うと目力は強いみたいな同級生がいたことを彼の演技で思い出しました。

キミスイで印象に残ったシーン

キミスイで印象に残った好きなシーンはホテルでの真実か挑戦ゲームのシーンです。あのシーンは浜辺美波さんが輝いてましたね。ホテルの部屋に入った時のはしゃぐ様子とかクラスで3番目にかわいいって言われて照れるシーンはきゅんとしました。
キミスイ真実か挑戦ゲームじゃんけんでやった最後の真実か挑戦ゲームも流れが綺麗で素敵でしたね。真実が私がホントは死ぬのがめちゃくちゃ怖いって言ったらどうする?だったから挑戦に変更、桜良はずるいって言いながらも「君もベッドで寝なさい」って内容に。この流れじゃないと春樹はきっとべッドで寝ないですもんね。桜良の元気さ、可愛さ、気丈さ、健気さ、色んな顔を見れるいいシーンでした。
キミスイホテル鳥肌がたったシーンは春樹がメールで長文を打った後に思い直してその長文を削除してたった一言「君の膵臓をたべたい」って送ったシーンです。あの選択には共感できました。たった一言、たった一行の言葉が長文以上の意味をもたらす時ってありますよね。あの時あの場面での「君の膵臓をたべたい」ってメッセージは「伝えたいこと」と「伝えられたいこと」の全てを語ってくれました。思い出しただけで鳥肌がたちます。
キミスイお門違い泣いたシーンは「お門違いなのはわかってるんですけど、もう泣いてもいいですか」の場面です。参りました。何回見ても泣けます。このシーンでエンディングでいいんじゃないと思ったんですけど、ここからもう一発泣かせるシーンがあるからすごいなと思います。

キミスイで理解できなかったシーン

キミスイでイマイチ理解できなかったシーンもありました。現在シーンで仕事中にお花を運んでいる恭子(北川景子)が通勤途中の春樹(小栗旬)を見かけて少し追いかけるシーンです。二回ぐらいありましたけどあれはどうゆうことなんでしょうか?10年振りとかに春樹を見かけたので春樹だということに自信がもてない、あれはもしかして春樹なのか?という描写なんでしょうか。それとも春樹だという確信はあって、話しかけたいけど話しかける勇気がないということでしょうか?
キミスイ北川景子恭子は春樹に結婚式の招待状を送っていますよね。恭子は春樹の住所を知っているのだから会いたいなら会えるし、伝えたいことがあるなら手紙を送れると思うのです。だからあのシーンが恭子のどういう心理を表しているのかがわかりませんでした。
キミスイ結婚式あと、ガム君が恭子の結婚相手だということを式場でガムを出されて初めて知ったみたいな感じでしたけど、結婚式の招待状に新郎の名前書いてありますよね?唯一といってもいい同性で少しでも心を通わせた同級生の名前を忘れますかね?それとも同性同名の違う人だと思ったんですかね?
キミスイ指切りげんまん気になる点もありましたが評価は満点の星10です!まだ『君の膵臓をたべたい』を見ていない方で年末お時間ある方は騙されたと思って見てみてください。泣ける恋愛映画を求めている方には特におすすめの映画です。

キミスイ聖地巡礼

映画『君の膵臓をたべたい』通称キミスイの聖地となるロケ地・撮影場所をご紹介します。キミスイの聖地巡礼にご活用ください。

豊郷小学校旧校舎群

キミスイの聖地となるロケ地は滋賀県にある豊郷小学校旧校舎群です。豊郷は「とよさと」と読みますがテレビアニメ「けいおん」の聖地で有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
キミスイ聖地巡礼見学時間もしっかり設けられていて、校内見学もできるので近くにお立ち寄りの際はぜひ見学に訪れてみてください。小栗旬さんが授業をしていた教室も浜辺美波さんが美しく階段を登っていった屋上もあります。物語の主軸となる図書館は元々カフェとして利用されている場所です。最寄り駅の近江鉄道豊郷駅から徒歩10分で見学時間は9時から17時、年末年始は休館日なのでご注意ください。
キミスイ屋上
滋賀県豊郷町石畑518番地

八日市駅前

桜良と春樹が初めて待ち合わせした場所のロケ地は、滋賀県東近江市八日市浜野町にある近江鉄道の八日市駅前です。くるくるとした銀のオブジェ、モニュメントが目印です。
キミスイ八日市駅
滋賀県東近江市八日市浜野町485

太宰府天満宮

桜良と春樹がお参りしておみくじを引いたロケ地は、福岡県太宰府市宰府にある神社、太宰府天満宮です。おみくじの結果は桜良が大吉を引いて春樹が末吉を引いていましたね。
キミスイ聖地巡礼 太宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

スイーツパラダイス 四条河原町店

桜良と春樹がデートしたスイーツパラダイスのロケ地は、京都にあるスイーツパラダイス四条河原町店です。この場所のシーンで春樹が桜良に話した前に好きだった女の子の好きになった理由の、なんにでも「さん」をつける女の子の話しが好きです。
キミスイ-スイーツパラダイス
京都府京都市中京区米屋町392(河原町通四条上ル)コトクロス阪急河原町6F

君の膵臓をたべたい 作品情報

君の膵臓をたべたい

タイトル君の膵臓をたべたい
公開日2017年7月28日
上映時間115分
ジャンル恋愛, 青春
監督月川翔
主題歌Mr.Children『himawari
原作佐野徹夜『君の膵臓をたべたい
キャスト浜辺美波, 北村匠海 (DISH//), 大友花恋, 矢本悠馬, 上地雄輔, 北川景子, 小栗旬

キミスイ主題歌 Mr.Children「himawari」

原作小説 君の膵臓をたべたい

アニメ映画 君の膵臓をたべたい

【君月あらすじネタバレ感想】永野芽郁Dカップの胸に北村匠海が顔をうずめる恋愛映画『君は月夜に光り輝く』(キミツキ)
恋愛映画『君は月夜に光り輝く』、通称「君月(キミツキ)」の中で自称Dカップの永野芽郁の胸に北村匠海が顔をうずめるシーンがとても印象的で、この映画のすごいところはそのシーンで嫉妬を覚えるわけでもなく涙がこみ上げてくるところです。ただ鑑賞後はき...
タイトルとURLをコピーしました