細田守監督最新作『未来のミライ』くんちゃん声優評価が低い上白石萌歌の声は合ってないと賛否のアニメ映画あらすじネタバレ感想

未来のミライアニメ
(C)2018 スタジオ地図

細田守監督最新作『未来のミライ』を映画館で観てきて上機嫌のデミタスです。細田守監督は私の大好きなアニメ映画監督で前作『バケモノの子』から3年ぶりに公開された新作映画ですが細田監督ファンの私が予想する次回新作の公開はきっと2021年です!見てくださいこの見事な3年周期w
2006年『時をかける少女
2009年『サマーウォーズ
2012年『おおかみこどもの雨と雪
2015年『バケモノの子
2018年『未来のミライ
未来のミライ

スポンサーリンク

未来のミライあらすじ

くんちゃんは甘えん坊な4歳の男の子。くんちゃんが暮らす家に出産入院していたお母さんが生まれたばかりの妹を抱きながら帰ってきた。お父さんもお母さんも生まれたばかりの妹にかかりっきりで今まで自分に注がれていた愛情を全部妹に奪われてしまったくんちゃんは戸惑ってしまう。

くんちゃんが家の庭で遊んでいるとセーラー服を着た女の子が現れ、くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼んだ。庭で出会った不思議な女の子の正体は未来からやってきた妹のミライだった。くんちゃんはミライちゃんに導かれるように、かつて王子だったと名乗る謎の男や少女時代のおかあさん、青年時代のひいじいじと不思議な出会い果たしささやかな成長を遂げていくのだった。

「未来のミライ」予告
映画名コンテンツ
未来のミライ
 映画を観る 
 DVD&Bluray 
 MUSIC 
 COMIC 

未来のミライ 評価ネタバレ感想

映画『未来のミライ』の評価は私が大好きな細田守監督作品だけど甘くもなく厳しくもなく贔屓目なしで星7の評価です。

マイナス評価

未来のミライでマイナス評価になった一番大きい箇所は、くんちゃんの声優の上白石萌歌さんの声が少し低くてあまりキャラと合っていない点でした。男の子でも4歳だともう少し声が高いし癇癪を起こすシーンが多くて長くて不快感を感じてしまいました。
未来のミライくんちゃん
幼少期のおかあさんとのシーンはおかあさんがやんちゃだったのを表現するために部屋を散らかすシーンがありますが、ファンタジー世界でもさすがに異常でやり過ぎ感がありましたね。青年時代のひいじいちゃんとの出会いのシーンではエンジン音のうるさいシーンが長いのもストレスでした。総じて印象付けたいシーンがことごとく大げさで長くてストレスを感じてしまったのが残念でした。

くんちゃんと同じ経験

私もくんちゃんと同じように決して愛情がなくなった訳じゃないんだけど、構ってもらえなくてふてくされて駄々をこねて怒って泣いた経験があります。小さかった時にそういう経験があるのでくんちゃんの気持ちが痛いほどわかりました。細田監督もきっとくんちゃんと同じような経験があるんじゃないでしょうか。もしくはご自身のお子さんがそうだったとか。
未来のミライ ハチゲーム
くんちゃんが子供なりに何かを体験してある日突然問題をスッと解決してしまう。あの不思議な突然解決して突然執着がなくなる現象にも身に覚えがあります。未来のミライではその「体験」をファンタジーを通して描写されていて細田監督はホントに子供の日常をうまく描くな~と感心しました。

家のデザイン

映画を観てまず最初に目を引かれたのはくんちゃんの家族が住むお家でした。未来のミライの舞台は横浜市磯子区の設定で建築家であるくんちゃんのお父さんが建てた間取り2LDKのお家ですが斜面に建てられていて中庭があってとってもオシャレなデザインです。
未来のミライ中庭
実際は建築家の谷尻誠さんが設計した家ですが間取りが縦に長くて「部屋①」→「庭」→「部屋②」という変わった造りをしていて「部屋②」の内部も少し変わっているので子供の時にあんな家に住んでいたらすごく楽しいだろうな~っと、くんちゃんが羨ましかったです。
未来のミライ家のデザイン

印象に残った好きなシーン

私が一番好きなエピソードはくんちゃんと青年のエピソードです。青年時代のくんちゃんの曽祖父がひきずった足で走るシーンはかっこ良くてぐっときました。青年の声優は福山雅治さんですがこれが非常に合ってました。ちょっとこもってる感じで少し聞き取り辛い声がキャラとマッチしてて良かったです。
未来のミライ泣けるシーン

未来のミライ映画賞評価

細田守監督最新作アニメ映画『未来のミライ』は日本のみならず海外での評価が高くこれまでの作品の中で最も高評価を受けている。

アニー賞 長編インディペンデント作品賞受賞

第46回アニー賞の発表と授賞式が2019年2月2日にアメリカのロサンゼルスで開催され細田守監督作品『未来のミライ』が長編インディペンデント作品賞を受賞した。アニー賞はアニメ界のアカデミー賞ともいわれアニメ作品にはたいへん名誉ある賞でアニー賞 長編インディペンデント作品賞の日本関連作品の受賞は2年前にスタジオジブリが製作に携わった「レッドタートル ある島の物語」以来の受賞となる。

アカデミー賞 長編アニメーション部門ノミネート

未来のミライが第91回アカデミー賞 長編アニメーション部門にミネートされました。スタジオジブリ作品以外でアカデミー賞 長編アニメーション部門に日本の作品がノミネートされたのは『未来のミライ』が初めてとなる。

ゴールデングローブ賞アニメ映画賞ノミネート

未来のミライ』が第76回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされました。ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされるのは日本作品としては初めての快挙。

日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞受賞

未来のミライ』が日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞を受賞。
未来のミライ日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞

未来のミライ声優キャスト

未来のミライでは声優にタレントが多数起用されており主人公のくんちゃんを演じた上白石萌歌はオーディションではミライちゃん役を受けていたが細田監督がくんちゃんのイメージに合うと突如4歳の男の子役に大抜擢した。

くんちゃん – 上白石萌歌

くんちゃんと呼ばれる主人公の4歳の男の子、太田訓(おおた くん)の声優を担当したのは映画『羊と鋼の森』で実姉の上白石萌音と映画初共演を果たし第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した上白石萌歌(かみしらいし もか)。
未来のミライ上白石萌歌

ミライちゃん – 黒木華

未来から来たくんちゃんの妹ミライちゃんの声優はこれまでに細田守監督作品『おおかみこどもの雨と雪』で少女期の雪、『バケモノの子』で少年期の一郎彦の声優を担当した
黒木華(くろき はる)
未来のミライ黒木華

おとうさん – 星野源

在宅の建築家でミライちゃんが生まれたことで育児に挑戦するが失敗が続いてしまうくんちゃんのお父さんの声優は出演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒットした星野源(ほしの げん)
未来のミライ星野源

おかあさん – 麻生久美子

ミライちゃん出産後、社会復帰したくんちゃんのお母さんの声優を担当したのはプライベートでも2児の母親である麻生久美子(あそう くみこ)
未来のミライ麻生久美子

ゆっこ/謎の男 – 吉原光夫

太田家で飼われているペットのオスのミニチュアダックスフントで庭に現れる謎の男の声優は帝国劇場開場100周年記念公演『レ・ミゼラブル』で日本公演歴代最年少となる32歳で主演ジャン・バルジャン役を演じた吉原光夫(よしはら みつお)

ばあば – 宮崎美子

お母さんがミライちゃんを出産する時にくんちゃんとゆっこの面倒をみていたくんちゃんのおばあちゃんの声優はテレビのクイズ番組での大活躍の宮崎美子(みやざき よしこ)

じいじ – 役所広司

くんちゃんのおじいちゃんの声優は映画『孤狼の血』で第42回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞している役所広司(やくしょ こうじ)

青年 – 福山雅治

くんちゃんが時空をこえた冒険で出会った足を引きずって歩く青年でくんちゃんの曽祖父の声優は是枝裕和監督作品で第74回ヴェネツィア国際映画祭でコンペティション部門に出品された映画『三度目の殺人』にも出演していた福山雅治(ふくやま まさはる)
未来のミライ福山雅治

男子高校生 – 畠中祐

くんちゃんが時空をこえた冒険のJR根岸線磯子駅の待合室で出会ったぶっきらぼうな話し方をする男子高校生で、未来のくんちゃんを演じたのは声優の畠中祐(はたなか たすく)

未来のミライ作品情報

公開日:2018年7月20日
上映時間:98分
ジャンル:アニメ, SF, ファンタジー
監督:細田守
脚本:細田守
原作:細田守
音楽:高木正勝
制作会社:スタジオ地図
声優キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治、雑賀サクラ、畠中祐、神田松之丞
未来のミライ声優キャスト

映画名コンテンツ
未来のミライ
 映画を観る 
 DVD&Bluray 
 MUSIC 
 COMIC 

未来のミライ主題歌 山下達郎「ミライのテーマ」「うたのきしゃ」

映画『未来のミライ』のために山下達郎が新曲を2曲書き下ろし、初回限定盤のジャケットは未来のミライアニメ絵柄。

1.ミライのテーマ
2.うたのきしゃ
3.僕らの夏の夢(Acoustic Live Version)
4.ミライのテーマ(Original Karaoke)
5.うたのきしゃ(Original Karaoke)

未来のミライ原作小説

タイトルとURLをコピーしました